トピックス

データセンター用空調機 (FMACS)

FMACS

高効率

FMACS※は、外気温度が下がるほど高効率な運転が可能です。
従来の電算機用エアコンより消費電力量を約41%削減が可能です。

高機能

データセンタで要求される吹出温度制御と吸込温度制御が選択可能です。
可変風量、固定風量が選択でき、可変風量では更なる省エネ運転が可能です。

高信頼性

FMACSは耐震性能試験を実施しており、震度6強の地震が発生した際に運転継続するよう設計しています。
ICT装置の近傍に設置できるよう耐ノイズ性能を高め、発生ノイズも抑制しています。

※FMACSは株式会社NTTファシリティーズの登録商標です

地球環境にやさしいフロン資源化サービス

一般市場での回収フロンの資源化サービスはコスト等を考慮し、空調用冷媒ガスの再生処理をおこないます。

フロン回収後の処理方法には2通りの処理方法があります。

1.フロン破壊処理
オゾン層の破壊や地球温暖化を招くフロンを大気中に放出しないよう破壊処理を行いますが、処理過程でCO2の放出、中和汚泥が発生してしまいます。

2.フロン資源化処理
1) テフロンの再資源化
2) 冷媒ガスへの再生処理
 CO2の発生量は破壊処理の87%~96%削除することが出来、中和汚泥の発生はゼロとなります。

ページトップへ